情報

Just another WordPress.com site

Cookingdj-landing

Startup WeekendではCooking DJチームに参加

110824-0002

Startup Weekend Tokyo Aug 19-21 Mixi

週末のわずか54時間を使って起業する?ちょっと聞くとワケがわからないかもしれない。Startup Weekendという催しがあり、最初に各人のアイデアを1分で発表し、人気のあったアイデアを元に参加者がチームを作る。その上でアイデアをブラッシュアップし、プロトタイプやプレゼン資料を作り、そして最終日に各チーム5分のプレゼンを行った上で優勝者を決める…と起業プロセスを金・土・日のわずかな時間で行ってしまうという内容である。

以前に知人たちが同イベントに参加し、”Colish“というサービスも生まれるなど大きな成果となっている。それなら僕もと背中を押され、今回参加することに。

Sample-photo
Img_9261

Startup Weekend – チームでディスカッション、そして仕様を決め、プロトタイプ開発を行う。
Canon EOS X4 + Canon EF 17-40mm F4.0L USM 

まずはStartup Weekendでどんなコトをやってきたのか?ということを簡単に説明する。
Startup Weekend初日の金曜日はチームビルド…初対面の人たちがチームを作って、誰とどんなコトをやるか?を決める日であり、このメンバーで「週末起業」を行うことになる。今回、ワタシはどちらかというと自分のアイデアを実現させるため…というよりは、UI / UXデザイナーとして、今までとは違った形のチームとコラボを体験してみたい…という方向で動いていた。その中で一緒にやってみたいねと思えたCooking DJに参加することに決めた。ちなみにPAX Coworkingで一緒のジャッキー山川さんも同じチームに加わることになった。

土曜日はこのチームで本格的な起業コンセプトのブラッシュアップからプロトタイプ開発、プレゼンテーション作成を進行させることになる。午前9時から午後11時までの間、自分のチームでどのようなサービスとして作り上げていくか?というディスカッション、仕様決め、開発がものすごい勢いで進行していく。
さらに日曜日の午後5時から開始される最終的なプレゼンまでの間、ハードなスケジュールで「起業」プロセスはおこなわれる。

僕のロールは基本的にはUI周りのデザイン…今回はiPhoneアプリが想定されていたので、どのような画面で実現されていくか、どのような使い勝手かを最終的なカタチまで落とし込むことにある。ただし、元々のおせっかいな気質から、コンセプト作りにもかなり口を突っ込んだほか、拡散しがちな話をなるべくシンプルな方向に持っていくよう議論に積極的に参加もしている。 さらに、普段はほとんど手をつけることがない、キャラクター作りも行い、かなり困りつつも自サービスのキャラデザインなども行っている。 
ちなみに今回参加したチームには2名のデザイナーがおり、もう1名の吉田さんにはロゴやプレゼン用グラフィック制作などをメインで行ってもらった。 

Img_9277

プレゼンテーションを行い、最終的なWinnerを決める
Canon EOS X4 + Canon EF 17-40mm F4.0L USM 

前述のようにして作成されたプロトタイプやプレゼン資料を元に、各チームによるプレゼンおよび審査員によるQ&Aが行われ、最終的なTokyoの優勝者が決定されることになる。自分たちのチームは12チーム中5番目。Cookingだけにゴハン…だから5番がよいだろうというダジャレなゲン担ぎである。実は前のプレゼンが進行している中も開発陣によるプロトタイプ開発は行われており、最悪は動作している様子は見せられずにスライドだけでプレゼンを行うPlan Bになる可能性もあったのだが、なんとかリカバー。他のプレゼン時に変な音が出たときなどは冷や汗ものだったりしたが、ギリギリになんとかプレゼンにこぎ着けた次第である。

ここで簡単に今回のStartup Weekendで僕が関与したCooking DJというプロジェクトについて説明したい。

キッチンで過ごす時間というのは1年を通してみると、かなりのモノである。朝・昼・晩に各30分を費やすと仮定すると、年間22日(寝ずに!)というコトになる。そうした実は長いそうした時間をもっと楽しく過ごすためのサービスを作りたいというコトが動機・問題提起である。

この解決策として僕たちは料理中にすてきな音楽をかけて楽しく過ごそう!というコトで、メニューにあった楽しい音楽プレイリストを提供するということを提案している。またさらに料理をする者を悩ませる「今日は何を作ろう?」というコトに関しても、気分などの”DJリクエスト”情報をベースに、料理メニューをリコメンドする機能を用意…その2つをあわせて、料理を悩みおおきもの、もしくは退屈なモノから、楽しめるコトにしたいというのがサービスの内容となる。そしてそれを実現するためにスマフォアプリをフロントエンドにしたシステムを開発し、サービス提供を行うことにした。

Img_9285

なんとTokyo代表に選ばれた後、笑顔のCooking DJチーム
Canon EOS X4 + Canon EF 17-40mm F4.0L USM 

そして結果は…結論から言ってしまうと、「優勝」である。最近”1位”というモノからは遠ざかっていただけに、ちょっとビックリだったり。審査はなかなか難航したようだったが。そして無事Startup Weekend Tokyo代表となることができた。副賞としてXbox 360 + KinectやCoworkingオフィスMoboffの利用権などをいただく。
尚、優勝のほかに会場の参加者が選ぶ賞の中から「One to Watch (今後も注目していきたいサービス)」に選ばれたほか、「Most Innovative」でも次点であった。そしてMovidaからのプライズとして宅麺100食…さらに孫泰蔵さんがチームに対して宅麺を作ってくれるというイベントがついてくることとなった。

110824-0001

早速、海外メディアPenn-OlsonのStartup Weekend記事内で紹介される

そんなコトで「めでたし めでたし」のハッピーエンドになっていれば平和だったのであるが、実は続きがある。今回Startup WeekendはTokyoの他にKyotoやFukuokaで開催され、各地のWinnerの中から最終的なWinnerを決める「Matsuri Taikai – 祭り大会」が行われ、そちらにノミネートされることになる。正直、優勝する気はサラサラなかったので、Matsuri Taikaiがどういう段取りで行われるかなんて完全に聞き流していた。

そちらのルールは審査発表の翌日 月曜日の正午から火曜日の正午までの24時間でビデオ制作を行うということになったのである。週末で強烈に疲れた〜と思っていたのだが想定外の延長戦に突入する。知人の佐谷さんからは「ホールインワン」のようにラッキーなことがおきて逆に大変なめにあっているようだ…と言われてしまうが ^^; 、いずれにしても東京代表なだけに責任は重い。それにしても週末は終わってもWeekendは終わらない状態になる。

結果として月曜日に自宅で動画素材撮影、そしてPAX Coworkingにメンバーが集合してのプレゼン作成/動画編集大会に突入することとなった。PAX Coworkingが特別に協力してくれてイレギュラーな徹夜でのスペース利用を特別にOK頂いたことから、ビデオ制作チームはほとんど寝ずに編集作業を行い、ぎりぎりの時間にようやく提出までこぎつけている。
Startup Weekendイベントと映像制作を加え8月19日から23日までの5日にわたる長い長いWeekendであった。

提出した動画をもとにしたMatsuri Taikai投票の結果は9月中旬に判明することになるらしい(ドキドキ)。
さらには、いずれにしてもここまで評価をいただいたからには、何らかのカタチ・サービスを世に送り出したいという思いもある。
僕たちのStartup Weekendはまだまだ終わらないっ…というコトなのだ。 

広告